• お役立ち
  • ヘアカラー

これは・・・コンフォートラインってもしかして・・・

毛利光希

毛利光希

2016/05/19

 

 

コンフォートライン

 

 

こんにちは

公式ライターの毛利です

スロウ
過去記事はこちら
 

 

 

今日はコンフォートラインについて少し思ったことを書いてみようと思います。

 

 

コンフォートラインとは?

 

白髪をカバーしながら、確実に美しい発色に染めあげる COMFORT COLOR シリーズ。従来の白髪染めのイメージを払拭するニュアンスカラーを揃えた、スタイリッシュな世界観です。

世代を超えて自分のスタイルを思い切り楽しみたい。THROWは、そんなニーズに応えます。白髪と黒髪のコントラストを整えながら、ファッション感覚でヘアカラーを楽しむことを可能にしました。
カラー直後はもちろん、褪色時まで赤みをおさえ、自然でスタイリッシュな髪色をキープします。根元へのフィット力とやわらかさを両立したテクスチャーは、リタッチやコーミング等の操作性にも優れ、快適にご使用いただけます。

公式サイトから引用してきました

基本は白髪染めに分類されるのかと思います

しかし使ってみた感想としては

ファーストグレイの方くらいの「少量の白髪」の方にはかなりのクオリティを発揮します

が、白髪100%の人だとちょっと厳しいか?

トーンを下げれば染まるだろうが。

といったところ。

そこで僕は考えました。

「根本的に考え方を変えよう」

白髪染め・おしゃれ染め

みたいな二分化して考えることはない。

白髪染めだっておしゃれ染めだって世の中にはたくさんの種類がある。

その中で良いもの・自分の使い方にあったものを選んでいくのも美容師の仕事であり楽しみの一つでもある。

僕が思ったのは

「コンフォートってむしろおしゃれ染めにこそ真価を発揮するのではないか?」

前回の僕の記事で

こういう記事を書きました。

こういうしっかり色味を入れる時に

コンフォートの真価は発揮されるのでないか?

 

他のライターさんの記事でも

 

 

 

こういう記事が並んでいる。

 

僕も実際染めてみた感じでも

「コンフォート混ぜ」

IMG_8822

 

発色もツヤ感も申し分ないと思います

 

 

コンフォート≠白髪

 

 

参考にどうぞ!

  • twitter
  • facebook
  • LINE

HairGran.

毛利光希

  • twitter
  • facebook
  • instagram
県内数店舗を経て、2015年10月にHairGran.をオープン。
多くのお客様の支持を得、サロン内外の美容活動も精力的にし東京でのセミナーも経験し木村氏主宰のオンラインサロンマルチバースに参加、積極的に活動中。
お客様との繋がりを大切にし全てのお客様の満足を得るために尽力。また、ケミカル知識も豊富で毛髪診断や薬剤選定など髪の毛に負担の少ない技術を得意としてます。
サロンの「アッシュカラー率」は8割以上。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
HairGran.

店舗名

HairGran.

取扱ブランド

    http://www.hairgran.com/

    RELATED ARTICLE関連記事