• ヘアカラー

tintbar(ティントバー)のカラートリートメントの色を調整する方法

鵜飼正也

鵜飼正也

2021/01/03

名古屋市昭和区で美容師をしてます。

kocchi.の鵜飼です。

名古屋市昭和区の美容院・美容室・ヘアサロン−kocchi.(コッチ)/御器所・荒畑・桜山

名古屋市昭和区(御器所・桜山・荒畑)にある美容院・美容室・ヘアサロン「kocchi.コッチ」のオフィシャルサイト。大人女性に人気のヘアケアに特化したヘアサロン。名古屋市昭和区恵方町1-35 地下鉄鶴舞線「荒畑駅」③番出口 徒歩 7分

自宅で簡単にカラーケアができると人気のtintbar(ティントバー)のカラートリートメント。

使うだけで髪の中に色を補ってくれるのでカラーの色持ちをよくしてくれるアイテムです。

tintbar(ティントバー)のカラートリートメントは色が濃く入ってくれるので一回使うだけでもかなりしっかりと色味が入ってくれます。

特に「ネイビー」と「ピンク」はしっかりと色味を感じながら色が入ってくれるんです。

ただ逆にほんのり色を入れたい場合には色が入りすぎることもあるんです。

そんな時は「ネイビー」や「ピンク」に「グレー」を混ぜることで色を薄くすることができます。

混ぜる比率で色の濃さが変わるのと「グレー」を多く混ぜるとグレーに近い色にはなるので調整は必要になります。

COLOR TREATMENT

GRAY グレー

気品のあるグレー

詳しく見る >

おすすめは「ネイビー」や「ピンク」に「グレー」を2:1、もしくは1:1くらいがおすすめです。

ほんのり色を入れたいときは是非調整してみてください。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

kocchi.

鵜飼正也

  • twitter
  • facebook
  • instagram
名古屋市昭和区 「kocchi.」代表。上質で旬なヘアスタイルを得意とし、柔らかで透明感のあるカラー、さらにヘアケアにも定評あり。独自の理論であなただけのヘアスタイルをご提案します。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
kocchi.

店舗名

kocchi.

取扱ブランド

    http://kocchi-hair.com/

    RELATED ARTICLE関連記事