• ヘアカラー

【自然乾燥で髪は傷むのか!?】シャンプー後に髪は「ドライヤーはすべきなのか」について

岸和希

岸和希

2018/11/28

こんにちは、岸(@kazuki_kishi)です。

自然乾燥では髪は傷むのか!?

それでは、自然乾燥では髪は傷むのかについてをお話していきます。

女性ならほとんどの方が髪を毎日のように乾かしてしますが、自然乾燥はダメなのかとよく質問されます。

実際に自然乾燥が髪を傷めるのか、どうかについてをお話すると、

”自然乾燥で髪は傷まない”

と、考えています。

そりゃまぁドライヤーで乾かすのは熱のダメージがあるし、それに比べるとダメージはないはずです。

ただ、それは”自然乾燥だけならの話”で、そこに外的要因が加わってくることによってヘアダメージの原因にはなります。

美容師的に自然乾燥のダメージ要因となることをまとめてみると…、

  • ・自然乾燥は”キューティクル”が開いた状態
  • ・髪同士の摩擦でも傷む
  • ・乾燥した空気によっても傷む

という風な考えになっています。

順番に見ていきましょう。

傷む原因①:キューティクルが開いた状態

髪が濡れている状態では、キューティクルは常に開いた状態のままで、それが傷む原因となります。

髪を乾かさないと、キューティクルが開いている状態になるため、髪を守るキューティクルが正常に働かないため傷みやすくなります。

髪のほとんどは”たんぱく質”で構成されており、

  • ①メデュラ(髪の芯)
  • ②コルテックス(髪の水分保持能力)
  • ③キューティクル(髪を覆う皮)

の3つの構成で成り立っています。

分かりやすくお話すると、メデュラの周りに、コルテックスが水分をこぼれないように覆っていて、その上からキューティクルが張り付いてメデュラやコルテックスを守る、というような考え方になります
 

傷む原因②:摩擦で傷む

キューティクルが開いた状態になると、外的要因によってダメージになりやすくなります。

髪に触れた時や、髪同士の摩擦によっても傷みやすくなります。開いたキューティクル同士が摩擦によってダメージになります。

髪はあなたが思っているよりも摩擦の頻度が高いので、注意が必要です。
 

傷む原因③:「乾燥した空気によって傷む」

日中の活動している時は、部屋や周りの空気の変化には敏感なのが人間の身体でもあり、部位でもあります。

自然乾燥の間は、髪と一緒に空気が乾燥していくので、より乾燥の度合いが高くなり、髪のパサツキやまとまりの悪い髪に見えてしまいます。

夏は冷房、冬は暖房といった空調は、快適な生活に欠かせないものですが、髪にとっては”乾燥毛”の原因になります。

つまり、温度だけでなく湿度にも気を遣わなければいけません
つまり、自然乾燥では傷むことはないけども、自然乾燥にすることによって髪は傷みやすくなっているということになります。

美容師的なアドバイスと見解としては…、

  • ・自然乾燥よりもドライヤーで乾かす方がいい
  • ・自然乾燥自体では傷まないが結果として傷みやすくなる

ということになります。

こんな感じで以上です。

参考になれば幸いです。

ご案内

>>>【個人ブログ「きしろぐ」
>>>【スロウ/THROW ヘアカラーカタログ
>>>【ブリーチ・カラーカタログ

  • twitter
  • facebook
  • LINE

B'WAVE

岸和希

  • twitter
  • facebook
  • instagram
和歌山の美容室で美容師をしています、カラーが好きでTRHOWをかなり使い込んでいます、これから様々なコンテンツをつくるのでぜひみてください。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
B'WAVE

店舗名

B'WAVE

取扱ブランド

    https://kazukikishi.com/

    RELATED ARTICLE関連記事