• PICK UP
  • ヘアカラー

コンフォートとアクセントで「負ける気がしないのです」

木村直人

木村直人

2016/11/17

airディレクター、木村直人です。

大阪冬の陣ですね。

「お見事でした!」

「実はな、かような大いくさははじめてなのじゃ」

「えっ…」

「ささ、秀頼公がお待ちじゃ」

と、いうね。

実は…

みたいな感じいいですよね。時にはハッタリも必要なわけです。

まぁ、どうでもいいですね。

さて…

タレントの「安田美沙子さん」が髪を整えにきてくださいました。

無敵すぎる配合。「コンフォートアッシュとブルー」

そう、意外に相性がよいのは「コンフォートライン(グレー対応)とアクセントライン」です。

「濃いのに透明感」このキーワードを上げて来られる方は多数おられます。

それを叶えるのがコンフォートラインとアクセントラインのミックスです。

処方 「6/CA:Blue 1:1 6%」 20分放置

色めく艶、透明感…

こんな魅惑のキーワードを兼ね備えるには最適な処方。

まさに無敵要塞「真田丸」です。

そう…

私は…

「負ける気がしないのです」

という事で負けてしまう本編に習って、私もコツコツ腕を磨いていきたいと思います。

こんな感じもよかったらご参考ください。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

air/ LOVEST

木村直人

  • twitter
  • facebook
  • instagram
air/LOVEST Director
「木村 直人」

髪を通じて女性の「像」を作り続ける事にこだわる、airが誇るユーティリティプレイヤー。

代表作「グラデーションカラー」をいち早く世に送り出し、ヘアカラーに対して常に斬新な価値観を持ち、新たな創作をし続ける。

ヘアカラープロデュース、パブリックシャンプープロデュース、LINEスタンプディレクション、ヴァーティカルメディア編集長、書籍出版(2013発売の著書はAmazonランキングビューティ部門1位獲得)と女性に対して「美」という視点からの仕掛けは止まる所を知らない。

また、ネットコンテンツではオンラインサロン「マルチバース」を主宰し(会員約500名)、業界内外問わず常に先を走る仕掛けをし、作り続けている。

個人で運営する「naotokimura.tokyo」は月間200万PV、年間で1000万人以上が閲覧するモンスターメディア。

常に先端のツールを使いこなし、結果に結びつける所から、講演、対談、自身の生き方に関しての取材が後を絶たず、業界を飛び越えた「社会」に対して、「美容の在り方を問う」アクションを続けている。
  • twitter
  • facebook
  • instagram
air/ LOVEST

店舗名

air/ LOVEST

取扱ブランド

  • tintbar
  • THROW FASHION
  • THROW COMFORT
  • THROW Hairecare & travel set

http://www.air.st/

RELATED ARTICLE関連記事